曹洞宗曹源寺

神奈川県横須賀市公郷町3-23
電話番号(0468)51-0889

topbar
曹洞宗曹源寺のご案内
曹源寺のご案内 風景のご紹介 曹源寺の歴史 交通アクセス お問い合わせ
曹洞宗曹源寺 曹源寺木造十二神将立像 曹洞宗曹源寺津久井墓苑のご紹介

TOP > 曹源寺のご案内

曹源寺のご案内

  • 宗派:曹洞宗
  • 住所:神奈川県横須賀市公郷町3-23
  • TEL:(0468)51-0889
  • FAX:(0468)52-1866

木造十二神将立像

木造十二神将立像

神奈川県指定重要文化財
木造十二神将立像 十二躰
昭和四一年七月十九日指定
十二神将は薬師如来の眷族で十二薬叉大将ともいわれ、如来の十二の大願に応じた神といわれる。如来の周囲を取り巻いて守護するので、いずれも天衣甲冑をつけた武将の姿で表される。また、昼夜十二時の護法神ともされ、その表現にあたっては、十二支の動物を冠に戴くものもある。
像は十二躰揃い、それぞれ寄木造、玉眼入りで像高は七〇センチから九〇センチ程である。後世の彩色と損傷のため、全体に当初のおもむきを損じている。法量は小さいが、軽快な動勢のある姿体をたくみに表現しており、個性的な面部の表情などもいきいきとして力感があり、彫技の優れていることを示している。
十二神将のそれぞれの名称は、一部に首柄、足柄などに十二支の名称を墨書するのが見受けられるが、互いに相違するものが多く明確にはわからない。
鎌倉時代初期の製作で、現在まで十二躰揃いで伝蔵されてきたことは貴重である。
平成二年十月
神奈川県教育委員会
横須賀市教育委員会
※横須賀市教育委員会が立てた説明板を一部修正したものです




Copyright All Right Reserved by 曹洞宗曹源寺


bottombar